いよいよマッサージの時間

実際にマッサージをやってみよう

下準備の後には、ついに本題のマッサージ方法をご紹介します。
簡単にできて、やり方も覚えやすいので、ぜひ覚えて毎日やってみてください。

やり方その1 まずは鎖骨と脇の下から
まずは鎖骨のマッサージから始めましょう。
「二の腕と関係あるの?」と思われるかもしれませんが、このマッサージで重要なのはリンパの流れですので、まずはここから始めていきます。

最初は鎖骨に手を当て、鎖骨に沿って体の真ん中から外側にかけて、リンパを流すイメージでマッサージしていきます。
リンパの流れというのは実際には目に見えませんが、このイメージをすることもポイントの一つです。

そして、脇の下にあるくぼんだ部分を指で優しくマッサージしていきます。
あまり力を入れないで、優しく円を描くような形で行ってください。

いよいよ腕にアプローチ

やり方その2 腕のリンパを流す
次は、手首から肘にかけての部分を、同じようにリンパを流すイメージでやってみましょう。
そのあと、同じように肘から肩までの二の腕部分も流すようにしてマッサージしていきます。
マッサージする方と反対の手のひらで腕をしっかりとつかみ、直線的に流していくようなイメージで行うと良いでしょう。

やり方その3 絞るような動きも効果的
直線的に流すイメージで動かすだけでなく、絞るようなイメージでマッサージするのもおすすめです。
特に、太くて気になっているところがある場合には、重点的に絞って流していきましょう。

こうして手首から肘、そして肩にまで流していったリンパを、最終的に鎖骨や脇の下の辺りを通ってその先に流していくのが目的です。

簡単なので、毎日コツコツと続けて、細い二の腕を目指しましょう。